商品を購入するときに意識する場所は人によって違います

その違いをまとめてみました

性格面を意識しよう

人には色々な性格があるように、商品を購入するときのタイプも人により分かれます

  • 即買派
  • 検討派
  • 慎重派

のように3種類にあります

即買派

気に入った商品があったらすぐに買ってしまうタイプです

商品のキャッチコピーなど、第一印象に惹かれ早い段階で購入します

このタイプには
写真を記事の上部に配置し、特徴などを紹介し、購入リンクを貼りましょう

検討派

何種類かの商品を比べてから、気に入った商品購入するタイプです

このタイプには
少なくて2種類以上の商品を1記事で紹介しましょう

お互いのメリット、デメリットを紹介するといいですね

慎重派

なかなか商品を購入しないタイプです

このタイプには
積極的に商品を紹介しない方がいいです
自分の体験談や失敗談を元に「共感」を得るようにしましょう

どのタイプに的を絞るか悩む場合は「慎重派」に狙いを定めるといいです

普通はすぐに買ってくれる「即買派」の方がいいんじゃないか?と思うかもしれません

なぜ「慎重派」かというと一番記事を詳しく書くため、他のどのタイプにも通用します

ですので「慎重派」に合わせて記事を書けば、結果的に全てのタイプから購入してもらえる可能性があります

男女別を意識しよう

性別でも商品の意識するポイントがわかれます

「多くの人が」というだけで「全ての人が」というわけではありませんのでご了承ください

男性

男性は商品の「機能」や「数値」に注目します

カメラで例えると機能や画素数を重視して選びます

なので男性がターゲットの場合は起承転結「承」の部分「商品紹介」を詳しく書くよう意識しましょう

女性

女性は「持ち運びの便利さ」「綺麗に撮れるか」「デザイン」などを重視します

なので起承転結「転」の部分「体験談」を詳しく紹介しましょう

また、サイトレイアウトも意識するといいですね

男性はシンプルに、黒、青などシックにかっこよく

女性は多少華やかに、ピンクやオレンジ、パステルな感じがいいですね!

更に年代も意識して考えられると尚良いでしょう

このように客層を意識して記事を書けるか、書けないかで購入率はグンと変わるでしょう